ショーン・ビーンとおじさん病棟、おじさん以外も
by hilde_von_bingen
カテゴリ
全体
非公開の方へのお願い
Sean Bean
Movie&Drama
CD&Music
Myself
未分類
お気に入りブログ
Words of VM
犬のあくび ~Love ...
Tomoazlog
ハープの徒然草
Kiring Field
ボヤージュ日記
リンク
以前の記事
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

Empire Online の投票

Empire Online で、100 sexiest movie stars の投票をしております。
男性を5人女性を5人、書き込めます。
私は、下記の方々に投票いたしましたです。
男性の5人目はすごく迷いました。ピートおじさんにコックスおじさん、皇帝陛下もいらっしゃいますからねえ。
しかしまあ、私の好みは一般ウケする方々ではありませんから(違う意味でウケたりする)、せめて、ショーン・ビーンさんぐらいはランキング・インしていただきたいものですわ。

Sean Bean
Robert Lindsay
Jonathan Pryce
Nigel Terry
Ray Winstone

女性も、こうしてみると(・・・・・・)でございます。ボナム=カーターは、ハリポタではかなり私好みでございました。

Tilda Swinton
Jodie Foster
Emma Tompson
Helen Mirren
Helena Bonham Carter

発表は11月末だそうです。
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-10-31 23:19 | Sean Bean

一度に到着

料理本のSharpe CHEFS、CDのMe And My Girl、DVDボックスセットのMy Family
今日一度に到着しました。
チョーズンメンと料理、やはりちょっと無理があるかな。
英語を読めばつながるかしら。

あ!おじさん、eがありません!

(追記です)
デザートのところにあるジェーン・シャープのクッキーが気に入りました。
私好みにチョコレートがたっぷりです。美味しそう!!
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-10-31 20:08

CNNの動画から

いつもお世話になっているpunktさんから、動画を紹介していただきました。

c0021308_21501766.jpg動画の冒頭、インタビューに先駆けて映画のワンシーンですね。

あなたなら、どうする?
1、襲う
2、一緒に毛皮に入る
3、暖めてあげる
4、その他


c0021308_21504032.jpgインタビューに答えて話すショーン。

やっぱりこういうときのショーンが好きですわ。
素、というより、営業モードのショーン本人。
私にとっては、このショーンが原点なのでした。


[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-10-29 21:59 | Sean Bean

マイウェイ・マイラブ

マイウェイ・マイラブ (ユニバーサル・セレクション第3弾) 【初回生産限定】
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
ISBN : B000RX6L7Q
スコア選択:

ロバート・リンゼイ祭りでございます。
止まりません・・・。というか、すでに祭りの段階を超えております。(^^;;;

原題は「THat'll Be The Day」、1973年作品です。
母と二人暮らしの高校生ジムは、ロックスターに憧れながら漠然とした不安を抱えています。彼はある日、衝動的に家出します。移動遊園地で働きながら、女の子を引っ掛けたり、その日暮らしをします。そして彼の人生は・・・。

ジムの悪友役に、ビートルズのリンゴ・スターが出演しています。
風来坊みたいな男です。いい味を出してます。(^^;
リンゼイさんと一緒のシーンはありませんから、撮影は別にされたのでしょうね。

c0021308_20371276.jpgリンゼイさんは、ジムの親友テリーを演じています。23歳ぐらいでしょうか。高校生の役から始まります。ちょっとふけてる?許容範囲ということで。

c0021308_203935100.jpg家出したジムを訪ねてきたテリー、大学生になってます。
一応、ジムとは対称的に真面目、という設定です。
大学生活も女の子がいっぱいでジムの生活とそんなに変わらないとか言ってます。おい。

c0021308_20414762.jpg移動遊園地で働くマイク。
リンゴ・スターでございます!!
つり銭を誤魔化したりしてるやつです。
ジムに女の子と遊ぶことを教えたやつですが、ジムのほうががどんどん無節操になります。

c0021308_20453875.jpgc0021308_20483837.jpg

c0021308_20513085.jpg話をリンゼイさんに戻しましょうね。
ウチはリンゼイさんのブログですから・・・おっと、口がすべりました。(爆)

若いからキレイですけど、いわゆる美形というわけじゃないんですよね。
ホーン・ブロワーでペリュー艦長→提督を演じたときも、若い頃と同じ雰囲気を持っていました。素でも、こういう雰囲気の人なのかな~。

でも、リンゼイさんに関しては私生活に興味を持つことはしないでおきたいと思います。
夢はずっとキープしたいですもん。

今、一緒に住んでいる女性とのあいだにまだ小さいお子さんが何人もいるとか、1988年生まれのお子さんがいるとか、公式ウェブサイトに書いてありましたけど。。。(^^;
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-10-28 21:09 | Movie&Drama

看板が危なかった・・・。

うちの看板、本当に危ないところだったんでございます。
「ショーン・ビーンとおじさん病棟」から
「ショーン・ビーンとおじさん病棟 おじさん以外も」に替わり、
そして・・・。
もうちょっとで、「ロバート・リンゼイとおじさん病棟 おじさん以外も」・・・に変わるところでした。(^^;

punktさんに感謝です。
ショーン・ビーンさんのインタビューが上がっているというニュース!
いやあ、久しぶりです!!

c0021308_2322590.jpgインタビューについては、punktさんが解説してくださってます。
英語の出来ない私はお世話になりっぱなしです。

元記事はこちら

ショーンは、寒いの大丈夫だったんですね~。冒険・・・ですか。(ため息)
この映画は見るからに寒そうなので、できれば真夏に観たいと思ってるのですが。
映画の評判は良いみたいですね。だったら公開・・・あるかな?あるよね!?

タブロイドのシェナ・ミラーとのデタラメ記事、ショーンも迷惑だったんですね。
でも、ちょっと・・・ホントだったらオモシロそうだな・・・と思ってたワタシ。。。(^^;

私生活はどんなでも、いい映画でいい演技を見せてくれれば、やっぱり満足ですわ。
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-10-25 23:44 | Sean Bean

ハリウッド夢、夢物語

c0021308_22355446.jpgロバート・リンゼイ祭りでございます。
原題は「Bert Rigby You're a Fool」
1989年作品です。

イギリスの廃れ行く鉄鋼の町(シェフィールドじゃござんせんが)、バート・リグビーには、隣家に住む恋人がいました。素人演芸会で優勝したことから、シドという男が押しかけマネージャーになり、各地の素人演芸会を回って賞金を獲得して暮らすようになります。アメリカのコマーシャル制作者の目に留まり、シドと共にアメリカに渡ります。ところが企画はボツになり、帰るお金もありません。イギリスで待つ恋人・・・。そして・・・。

楽しいミュージカルでございました。
歌って踊るリンゼイさんの姿を目にすることができましたわ。
この映画でのリンゼイさんは、「ハンサム」とか「素敵」とか「きゃ~♪」という感じではありませんが、一生懸命だし健気だし可愛いです。(^^;

マネージャーのシドを演じたのは、ロビー・コルトレーンです。若いです。(笑)
「おや、またお会いしましたね。」と声をかけたくなりましたです。
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-10-25 22:55 | Movie&Drama

Me And My Girl

c0021308_2347059.jpgc0021308_23472863.jpg
ロバート・リンゼイ祭りでございます。
1937年初演のマイフェアレディーの男性版ともいえるミュージカルを、リンゼイさん主演でロンドンでリバイバル上演したものです。
残念ながら録画のDVDとかVHSはみつからなくて、CDを購入しました。

左上は、1985年ロンドン・リバイバル・キャスト
右上は、1986年ブロードウェイ・オリジナル・キャスト

c0021308_002892.jpgロンドンでやったのが当たり、ブロードウェイに持ってったらしいんですが、ロンドンで参加していた、エマ・トンプソンはブロードウェイには出ていません。

私は、はじめにブロードウェイ版のCDを買ってしまったのですが、米国雨林でロンドン版をみつけ、エマ・トンプソンが聞きたいので注文してしまいましたです。
ロンドン版のほうがアンサンブルが良く出来ているみたいなので到着が楽しみです。

左の画像は、ロバート・リンゼイさんの公式ウェブサイトから拝借いたしました。
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-10-24 00:11 | CD&Music

ローレンス・オリビエの「リア王」

c0021308_23365954.jpgロバート・リンゼイ祭りでございます。
1983年作品、BBCのシェィクスピア・シリーズに出演していた頃ですが、これはBBCのではありません。
私の愛するベネディックを演じる前の年です。
リンゼイさんの役はエドマンド。悪い男でございます。アップとか独白とかいっぱいあります。きゃー素敵!目線が一定せずにあちこちを見回しながら一気にしゃべって、急にカメラ目線になってじっと見つめるの、たまんない。(笑)

ローレンス・オリビエ御大、既にご高齢でしたが、素晴らしい演技です。弱々しい声や狂気に圧倒的な存在感がありました。しかも、ふと正気に帰ったときの優しさ!字幕無しの英国のDVDですけど、凄く伝わってきました。

大きな役ではありませんがブライアン・コックスさんも出てました。まだ若かったけれど、やっぱり悪人顔のおじさんでした。(^ー^)
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-10-22 23:10 | Movie&Drama

料理本の注文

c0021308_21595284.jpgまったくもって、溜めということを知らんやつでございます。
今日、久しぶりにネットにアクセスして、ニュースを知った途端にコレでございますから。

出版元はコチラ

上の方の buy online now の右の赤い丸をクリックすると、購入フォームが開きます。
日本への注文なので、ADD SHIPPING で送料を付け加えます。

英語読めないくせに~。
料理きらいなくせに~。
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-10-21 22:06 | Sean Bean

マーサの幸せレシピ

マーサの幸せレシピ
/ 東芝デジタルフロンティア
スコア選択: ★★★★★

mixiで紹介していただきました。あちらでも日記書きましたが、数日たったあとでも本当に良い余韻が残っているので、こちらでも記事にすることにしました。

先日、映画館で「幸せのレシピ」を観てきました。とても楽しめたので、元になったドイツ作品も観たいと思って購入しましたです。

レストランのシェフ、マルタあるいはマータ(英語風にはマーサ)は、料理一筋の完璧主義。ところがある日、姉が交通事故で帰らぬ人となり、姪のリナを引き取ることになります。
彼女の休んでいる間に、女性の経営者が料理人のイタリア人、マリオを雇っていました。そして・・・。

映画は出だしのセラピーでマルタが話すセリフとか、きゅっとエプロンを締めるところから、アメリカ作品とドイツ作品はほとんど同じ。
うわ~、おんなじ映画をドイツ語でもう一回観るのかしら、画面暗めだし・・・。と思いながら観ていたら、ちょっとずつ違ってきました。(^^;

映画「幸せのレシピ」で、ニックが最初に厨房でかけてたオペラは、若き日のカレーラスみたいでしたが、真偽の程はいかに・・・。
マリオがかけていたのは「ボラーレ」。本物のイタリア人ですから、リラックスして料理するにはイタリアンポップスがいいですね。
ステップを踏んでいるところとかお辞儀とか、アメリカ作品にもあったんですが、こっちは本物のイタリア人。(クドイかな)

c0021308_20341316.jpgマリオがほんとは生きてるのに殺しちゃったのは・・・。(笑)

マリオって、特にハンサムというわけじゃないし、最初はムサくてうさんくさいみたいに感じたのですが、しだいに暖かくて懐の広い人だなと思うようになりました。マルタを見つめる目ったらもう素敵。

リナが初めて厨房に来た日、リナの目の前でスパゲッティを作って食べてみせるんですが、涙が出そうなほど美味しいという表現がかなり大げさです。(イタリア人ですから。)で、いっぱい食べちゃいます。リナに渡して「ぼくの分をとっておけ」ったって、自分がたくさん食べて、そんなに残ってないでしょって感じ。(イタリア人ですから。)

アメリカ作品になかったのは、リナのお父さんの存在です。ドイツ作品では、ほんとにどうなるんだろうと心配になってしまいました。

c0021308_20252987.jpg原題は「Bella Martha」、配給用に付いた題は「Mostly Martha」です。

ドイツ作品では、ストーリーの進行上はマリオは脇役でした。後半では、アメリカ作品でも使われたセリフはあるのですが、まったく違ったストーリーになります。
姪との生活で悪戦苦闘するなかで、自分に必要なものを見つけ出していく女性の物語。

DVDはアメリカのものに日本語字幕を付けたらしく、メイキングのところに英語字幕が入っていました。
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-10-21 20:35 | Movie&Drama