ショーン・ビーンとおじさん病棟、おじさん以外も
by hilde_von_bingen
カテゴリ
全体
非公開の方へのお願い
Sean Bean
Movie&Drama
CD&Music
Myself
未分類
お気に入りブログ
Words of VM
犬のあくび ~Love ...
Tomoazlog
ハープの徒然草
Kiring Field
ボヤージュ日記
リンク
以前の記事
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2004年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

壮大な愛のための1年

(前書き)
ちょうど1年前の私は、まったくショーン・ビーンのファンではありませんでした。「それ、誰?」「はじめので死んだ人」「ふ~ん、そういう人いたね」ぐらいの人でした。今ではショーンを中心に地球が回っているとさえ・・・言い過ぎか。もうすぐ私のショーン記念日です。(^^;

2003年12月、ケネス・ブラナーを探しながらネットサーフィンしているうちに、ハリポタ2に出演していたヒュー・ミッチェル君を知る(ちょ~かわいい)。いきなりハマる。ヒュー君出演作「ヘンリー8世」に、LOTR の sean bean とかっていう名前の俳優が出演している事を知る。ヒュー君と共演した俳優を見なくちゃとFOTR,TTTのSEEを購入する。

(この1年のできごと)
2004年1月3日、運命の日。ショーンのインタビューを観る。話し方、声、発音に興味を持つ。音声解説を聞きまくる。
その後、”King Arther And Knights Around The Table”を購入、毎日毎日聞き、激しい恋に落ちた。

2月 「パトリオット・ゲーム」「サウンド・オブ・サイレンス」「チャタレイ夫人の恋人」DVD購入、パトリック・コスターにハマる。

3月 「A Woman's Guide To Adultery」等の字幕なしVHS購入。

初めて ROTK を、というより 初めて LOTR を映画館で鑑賞する。映画館でボロミアを観たのも初めてであったにもかかわらず、すぐに死なれてしまう。

4月 「Lorna Doone」など字幕なしVHS購入、「カラヴァッジオ」購入。
ラヌッチオでなく、カラヴァッジオ(ナイジェル・テリー)にハマる。
ROTK 上映期間中に合計4回鑑賞。

5月 初めてアマゾンUKからDVDを購入をする。「HenryⅧ」など数点。
「Clarissa」のラブレイス君の役にショックをうける。

「トロイ」のプレミア写真には複雑な思いをいだく。5月は愛を試された月であったが、映画館でオデュの声を聞いた瞬間から立ち直る。

6月 「トロイ」を上映期間中に6回観る。テリーさまにうっとりする。
おっと、忘れちゃいけない、オデュにもうっとりする。

7月 七子ん先生に弟子入りする。
「キング アーサー」を上映期間中に2回観る。サー・ボーズ(レイ・ウィンストン、ヘンリー8世で主演)に「よお!」と声をかけたくなる。

8月 出張のお供に、ポータブルDVDプレーヤーと「Essex Boys」等を持っていき、ジェイソン・ロックちゃまにハマる。ちょーかわいい。

9月 七子ん先生のおかげで「ヤコブ」を購入。オデュに再会したような感慨にふける。

10月 七子ん先生主催のチャットで嵐の夜を過ごす。

11月 「トムトマ」の代金を振り込む。

12月 ブログを開設する。日本版「トムトマ」を鑑賞する。

おかげで、うれしいことに、私は貧乏になりました。

2005年が、皆様にとって良き年でありますように。
とりわけ、安心してショ様を楽しめる平和な年でありますように。

下の写真は、ハリポタ2のコリン(ヒュー・ミッチェル君)です。
c0021308_22214791.jpg
[PR]
by hilde_von_bingen | 2004-12-31 22:24

Shefield Today と Tsunami

たまに面白いショ様情報を提供してくれる Shefield Today ですが、ニコちゃんとの大酒・大暴れとボンドねたの記事の後に、何かあるかしらと思ってアクセスしてみました。

今のNEWSはどれも津波に関連したものです。我が地方新聞でも欧州からの避寒客のうち数千人が被害に会った模様だという記事がありましたが、シェフィールドでも親戚や友人の安否を気遣っている人が多くいるようです。

初期のニュースは、生々しい現場での様子を被災者が家族に伝えた内容がかかれていました。27歳のジョー・アンさん(シェフィールド・ユナイテッドのファン)が10歳の少女を抱えながら救助を待ったことや、木造のバンガローから多くの行方不明者が出ていることなどを母親のアネットさんに電話で伝えたことなどです。私は英語力が無いので正しく読み取れているかイマイチなのですが。

ひとつの驚きは、Tsunami という日本語がシェフィールドでも使われたということです。これが世界的に使われるのは、これまでに津波という自然災害が日本以外ではあまり意識されていなかった、ということなのでしょうか。インド洋に津波の警報システムが普及していれば、大惨事は免れたのでしょうに。

津波のニュースでさえ個人を紹介する時に「シェフィールド・ユナイテッドのファン」というあたりは、Shefield Today らしいです。(^^;

写真は、8月16日に故郷のシェフィールドに帰ったときのショ様です。
c0021308_14343372.jpg

[PR]
by hilde_von_bingen | 2004-12-31 14:34

遠近両用眼鏡

仕事上の必要に迫られて、遠近両用眼鏡を作りました。いやあ、高いものですね~。レンズとフレームと合わせて8万円の出費になりました。
でも、掛けていて視界にゆがみがほとんどなくて、快適です。高いだけのことはあります。

子供の頃は視力2.0でしたし、自分ではずっと遠視ぎみだと思っていたのですが、今回眼鏡屋さんに測ってもらってびっくり。右目が近視になっていました。しかもかなり進んでいました。パソコンの前に長時間いるのがいけないのかしら。

というわけで、私の眼鏡は通常の遠近両用というばかりでなく、右は近視、左は遠視というものです。よく見えるというだけでなく、なんと遠近感が分かるようになりました!じゃ、今までは遠近感がないのに車を運転していたのかしら。危なかったな~。(爆)

写真は「Extremeli dangerous」のときのショーンです。
おじさんは私とは同世代だから老眼鏡ね、と仲間にしてしまいたい私。
c0021308_22172278.jpg
[PR]
by hilde_von_bingen | 2004-12-30 22:17 | Myself

Total Film のインタビュー

1週間も前のことについて書きます。遅れてる~。(^^;

インタビューそのものについては、いろんな方が紹介されていますので、ここではほんの一部について・・・

Q ジェイムス・ボンド役をやりたいですか?(以下略)
A 時々聞かれるんだけど、006をやってその時殺されてるから無理だと思うよ。(以下略)

今のショ様なら、世界中のどの俳優よりふさわしいのでしょうけど、ショ様のおっしゃるとおりでしょうね。
そこで、ショ様がボンド役なら・・・とタイトルを考えてみました。

ゴールデンアイ    → グリーンアイズ
ゴールドフィンガー  → セクシーフィンガー
ロシアより愛を込めて → シェフィールドより愛を込めて
007は2度死ぬ    → 007はいつも死ぬ
死ぬのはヤツラだ   → 死ぬのはオレだ

私って、つくづく・・・(^^;
[PR]
by hilde_von_bingen | 2004-12-30 01:09 | Sean Bean

「トムとトーマス」

私のところには23日に到着し、その夜は「ひとりトムトマまつり」で熱狂の夜を過ごしました。(凄しという変換が出ました。PCも凄さを知っているのかも)
翌日仕事に行って、いつも「クレヨンしんちゃん」のDVDを貸してあげる同僚(男性、妻一人娘一人)に「これ観てください。絶対いいですから。」と押し付けました。え?翌日にはもう旅に出すのかですって?いいの。熱狂の夜を過ごしたんですもの。それに、あとはフランス版を観ても楽しめますからね。

27日に返してもらったときのコメント「最後まで(ショーン・ビーンが)出ていて良かったですね。うちの中一の娘は夢中で観ていましたよ。子役の演じ分けは上手でしたね、本当に一人の子供が演じたですか?ストーリーの展開には少し無理がありましたが、クリスマスには良い作品でしたね。」

一般の方にショ様の出演作品を一応は評価してもらえて、良かったです。それに、うちのショ様がいい人だって分かってもらえたのも嬉しいです。
まさか、最初にジェイソン・ロックちゃまを他人に見せるわけにはいきませんわね。これだけはしまっておこう。日本語版はきっと出ないでしょうし。c0021308_0203457.jpg
[PR]
by hilde_von_bingen | 2004-12-30 00:14 | Sean Bean

合唱団に復活

先日「メサイア」を聞く機会に恵まれました。間近で聞く古楽器の音色、イギリス人のソリストによる英語、素晴らしいの一言でした。内容等かなり記憶が薄くなっていたので、パンフレットを購入して対訳を見ながらの鑑賞をしました。昔、合唱団にいた頃に全曲演奏に参加した事があるので合唱部分は覚えているつもりでしたが、10年以上経って忘れているフレーズもありました。
ショーン・ビーンのファンとして特筆すべき事柄も・・・。テノールの歌手のTの発音が、とても馴染み深いものでした。場違いながら嬉しかったです。(^^;

演奏会が終わって、昔所属していた合唱団のうちのひとつの団長夫妻にお会いし、「復活させていただけませんか?」とお願いしたら快く受け入れていただけました。この8年というもの、合唱から一切退いて歌うといえば年に1回か2回のカラオケ程度という状態でした。声も錆び付いていて楽譜も読めなくなっているので、皆さんの足をひっぱりながらついていくことになるでしょう。

今年最後の練習日に、初参加しました。ジョスカン・デ・プレの曲、リズムが複雑で初見では大変でしたが、パズルを解きながらモンスターを倒してダンジョンを進むみたいな、スリル満点でした。ドビュッシーの曲、フランス語なんて数えるほどしか、しかもクリスマスソング程度しか知らないのに・・・ギャー!でした。両曲とも、しょっちゅうズッコケて皆さんに迷惑をかけましたが、暖かく受け入れていただけました。がんばります!
[PR]
by hilde_von_bingen | 2004-12-29 12:00 | Myself

引っ越しました

英国俳優ショーン・ビーンを熱愛し、悪役・敵役を応援する「ひるで」です。
「トムとトーマス」のDVDはもうご覧になりましたか?素敵過ぎましたね。おじさんファンとしては、こんなに嬉しい思いをしても良いのかと逆に思ってしまったりするひと時でした。

前のブログ、作ったばかりだったのですが、こちらに引っ越す事にしました。
今後とも宜しくお願いいたします。
c0021308_22224359.jpg
[PR]
by hilde_von_bingen | 2004-12-28 22:22