ショーン・ビーンとおじさん病棟、おじさん以外も
by hilde_von_bingen
カテゴリ
全体
非公開の方へのお願い
Sean Bean
Movie&Drama
CD&Music
Myself
未分類
お気に入りブログ
Words of VM
犬のあくび ~Love ...
Tomoazlog
ハープの徒然草
Kiring Field
ボヤージュ日記
リンク
以前の記事
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:CD&Music( 21 )

Me And My Girl

c0021308_2347059.jpgc0021308_23472863.jpg
ロバート・リンゼイ祭りでございます。
1937年初演のマイフェアレディーの男性版ともいえるミュージカルを、リンゼイさん主演でロンドンでリバイバル上演したものです。
残念ながら録画のDVDとかVHSはみつからなくて、CDを購入しました。

左上は、1985年ロンドン・リバイバル・キャスト
右上は、1986年ブロードウェイ・オリジナル・キャスト

c0021308_002892.jpgロンドンでやったのが当たり、ブロードウェイに持ってったらしいんですが、ロンドンで参加していた、エマ・トンプソンはブロードウェイには出ていません。

私は、はじめにブロードウェイ版のCDを買ってしまったのですが、米国雨林でロンドン版をみつけ、エマ・トンプソンが聞きたいので注文してしまいましたです。
ロンドン版のほうがアンサンブルが良く出来ているみたいなので到着が楽しみです。

左の画像は、ロバート・リンゼイさんの公式ウェブサイトから拝借いたしました。
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-10-24 00:11 | CD&Music

パヴァロッティでダイエット効果?

先日購入した、オペラ全曲録音の「リゴレット」と「トロヴァトーレ」、通勤の車の中で聴いてます。片道50分なので、結構楽しめます。

で、今朝気がついたの。私、パヴァロッティの歌になると特に腹筋が活動してます。
好きな曲って歌いたくなりますよね。でも私はず~っと歌ってなくてもう声が出ないから黙って聴いてたんですけど、歌の部分ではいつも私の腹筋だけは歌ってましたわ。(笑)
しかも、自分は歌わないで集中して聴いているときのほうが、聴いている歌に自分の呼吸を合わせられるから、こっちのほうがいいです。

パヴァロッティの呼気と吸気のコントロールって、すごく滑らかです。
真似していれば、腹筋の運動だけじゃなくて、呼吸法の鍛錬にもなって、健康効果抜群かもしれませんよ。

せっかく事故で入院した時に、ダイエット13キロに成功したのに、今回の入院の後、3ヶ月で3キロ太っちゃった。(^^;
どうやって減らすか悩んでたんですけど、これって効果あるかも!!

でもね、パヴァロッティ自身もかなり太ってたし、やっぱり食べ過ぎちゃいけないわね。(^^;
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-09-14 22:23 | CD&Music

パヴァロッティ/オ・ホーリー・ナイト

オ・ホリー・ナイト
パバロッティ(ルチアーノ) / / ユニバーサルクラシック
スコア選択: ★★★★★


先日、ルチアーノ・パヴァロッティ氏の死去のニュースが世界をかけめぐりました。
享年71歳、昨年は冬季オリンピックの開催式で変わらぬ美声を聞かせてくださったのですが、その後すい臓癌が発見されて闘病生活を送っておられました。
世界最高のテノール歌手でした。

私の耳に最も印象強く残っているのは、「リゴレット」のマントヴァ公爵です。
「女心の歌」「あれかこれか」、また聞きたくなってCDを注文しました。
買ったのは、「リゴレット全曲」「トロヴァトーレ全曲」そして「オ・ホーリー・ナイト」です。

さて、昨日到着して最初に聞いたのが「オ・ホーリー・ナイト」です。
小品集みたいなのかな。宗教的なポピュラークラシックみたいなのが詰まっています。
「天使の糧(パニス・アンジェリクス)」とか入っていて、先日、IL DIVOで聴いたよ!みたいな感じの作品集です。
すごく嬉しかったのは、ロッシーニの「スタバトマーテル」から「その心は嘆く(クーユス・アニマ)」が入っていたことです。これ、好きなんです。
「シューベルトの子守唄」これ、ソプラノで聴くよりもずっといいです。ダディの声を聞きながら子供が安心感をもって眠りに入れる、みたいな感じ。

オペラの嫌いなかたには、ソプラノが耳に痛くてどうもって人が多くて、その次にテノールの張り上げるのがどうもって人もいるんですけど、本当に上手な歌手は絶対にそんなことを感じさせませんよ。

改めて言うのも変ですけど、すごく上手いです。(あたりまえ)
耳に、すーっと入ってきます。
ついでに買ったんですけど、大正解でした。♪
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-09-10 22:19 | CD&Music

Little Man Tate 'Flood Aid' gig

ABOUT WHAT YOU KNOW
リトル・マン・テイト / / コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B000JVS4BW
スコア選択:
視聴してみたら、運転中なんかに聞くのに良さそうなので買うことにしましたです。


c0021308_044146.jpgシェフィールドのバンド、Little Man Tate が、洪水の救援コンサートを計画しているそうです。
洪水の最初の時にヒルズボラへ車で向かっていた彼らは、被害の大きさにショックを受け、自分たちにできることはないかとマネージャーに相談して、この計画が持ち上がったそうです。
写真はJon Windleくん。The Starのインタビューに答えてるのね。
バンドとか、うといのでこの子達のこと知らなかったんですけど、若い人たちが一生懸命なのって元気付けられますね。(^_^)
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-07-01 00:48 | CD&Music

おめでとう!John Tams!!

c0021308_17445122.jpg我らがハグマンことジョン・タムス氏が、BBC Radio2 Falk Awards で3つの賞を取りました。
ニュースソースはココココココです。

c0021308_17473038.jpgFOLK SINGER OF THE YEAR
BEST ALBUM - THE RECKONING
BEST TRADITIONAL TRACK - BITTER WITHY

c0021308_17491492.jpgRadio2の紹介文は「ダービーシャー生まれの・・・」と始まっています。これって普通のことなんでしょうか。うちのおじさんも「シェフィールド出身の」とか書かれてますもんね。

アルバム「THE RECKONING」は、イイカンジでした。
賞が取れて、私もうれしいです。(^_^)

c0021308_1746464.jpgダービー・イヴニング・テレグラフでは、”FOLK HERO JOHN WINS A HAT-TRICK”という見出しになっています。「ハットトリック」なんて言い方は素敵ですね。さすが故郷の新聞です。
こういうとき、まめおさんやpunctさん、misaさんみたいに、ちゃんと訳せるといいと思うんですけどね~。語学力が無いもので。。。

記事の中では「シャープ」についても触れられています。
"It was a splendid turn-out," said John, well-known to TV fans for playing the part of Rifleman Hagman in Sharpe. "Folk music seems to have come through the music hall joke scenario and now there is a resurgence about it.
後段、エキサイト翻訳にかけてみました。「フォークミュージックは演芸場冗談シナリオを通り抜けたように思えます、そして、今、それに関して再起があります。」???

1月末にBBC3に相棒のBarry氏と一緒に出演していたようですね。聞き逃しちゃいました。
2月27日から、ジョン・タムス氏が音楽監督をしているTHE 2006 RADIO BALLADS が始まるそうです。これは聞けるかな~。
もうすぐお誕生日、2月16日です。今回の受賞は素敵なお誕生プレゼントになりました!!
[PR]
by hilde_von_bingen | 2006-02-11 17:42 | CD&Music

John Tams氏の活動

c0021308_20343659.jpg「John Tams」で検索してみました。今までは英国雨林さんでCDを買うぐらいだったのです。甘いな、自分。。。

まず、一番にヒットしたのがココです。結構コンパクトにまとまったファンサイトのようですよ。”Film”のボタンをクリックすると、まずシャープのことが書かれています。Harrisのメイキングビデオを注文する場合は、詳細はコンプリさんへのリンクで、みたいなことが書いてあります。(^_^)

More
[PR]
by hilde_von_bingen | 2005-10-24 20:36 | CD&Music

John Tams氏の新譜

c0021308_2243116.jpgThe Reckoning というタイトルのCDです。
ハグマンこと、John Tams氏の新譜です。本日、英国雨林さんから届きました。
さっそくCDプレーヤーでかけてみましたが、相変らずの癒し系ですね。
ひるでは、John Tams氏の歌声が大好きですわ。
アカペラで2重録音をされている部分にはクラクラきましたです。

ジャケットを拝見すると、やっぱりちょっと老けたかな~という感じです。新作「シャープ」ではハグマンを演じてくださるのでしょうか???「シャープ」のテーマソング(Over The Hills And Far Away)を歌うのは、この方に限りますですよ。お願い!出演して~~!!!
[PR]
by hilde_von_bingen | 2005-10-12 22:51 | CD&Music

ダ、ダメです!

Star Wars, Episode III: The Revenge of the Sith [Original Motion Picture Soundtrack] [Includes Bonus
John Williams John Williams London Symphony Orchestra / Sony
ISBN : B000850IS6
スコア選択: ※※※※※


ダ、ダメです。いけないわ!やめて~~~!
なんて言っても無駄なんです。ダークサイドの誘惑に勝てると思ってるんですか?

そう、ひるでは、スターウォーズ・エピソードⅢの誘惑に負けてしまいましたです。インポートのサウンドトラックに、ボーナスDVDが付いていると知って、思わずぽちっと。そして、買ってしまったら公開前に見ないでおくなんていう忍耐力は無いに決まってます。

今夜、CDを聞く前にPCにDVDを入れてしまいました~。その前に、ひとりで「ダ、ダメーー!」などと葛藤を繰り返したことは内緒・・・にしておけませんです。EPⅢのネタバレを含んでいるに違いないのに、本編を映画館で観るまではやめておけばいいのに。なんちゃって、我慢なんて無理に決まっていましたわ。(^^;

各テーマ音楽ごとに、全6作の映像を編集して入れてあります。かなり混ぜてあるので、たまに「この映像は見たことがないな」と一瞬思うのが入っていますが、EPⅢのものでしょう。一瞬ですむチャプターならいいですけど、チャプターによってはほとんどがEPⅢのだったりしますので、ネタバレを避ける場合はこのCDは買わないほうがいいでしょうね。

チャプターごとの解説は、イアン・マクダーミッド陛下です。とても分かりやすい語り口です。私のひどいリスニング能力でも、きちんと子音や母音が明瞭で、単語を知らないということを抜かせば全部聞き取れます。字幕は無いですが、何度か観るうちには辞書を引きながらということも可能な気がします。かなりしっかりした、いわゆる「良い英語」なんだろうと思います。
おひとついかがですか?英語の学習にイアン・マクダーミッド様。(^_^)

このDVDの最後で、・・・ごにょごにょ(あ~、バラしたい!)・・・思わず大爆笑してしまいました。。。(おい、それでもファンか?)
[PR]
by hilde_von_bingen | 2005-06-06 22:33 | CD&Music

十字軍の音楽

十字軍の音楽
マンロウ(デイヴィッド) ロンドン古楽コンソート クラーク(クリスティーナ) ボウマン(ジェイムズ) ブレット(チャールズ) ロジャース(ナイジェル) ショウ(ジェオフリー) マルカブリュ ディジョン / ユニバーサルクラシック
ISBN : B000197JAO
スコア選択: ※※※※※

オーリくんのキングダム・オブ・ヘブンが始まりましたね。皆さん、ご覧になりましたか?
かく言うひるでは、まだなのです。まめおさんのところに感想がアップされていましたね。楽しめそうな映画だということが分かりましたので、ぜひ観にいきたいと思っております。

今日、初めて公式ページを見に行ってみました。音消しボタンを見つけるまで、(ごにょごにょ)でございました。いくらクライマックスを飾る曲とはいえ、HPの背景音楽にはちょっと・・・です。予告編といい、公式HPといい、販売促進の逆を行っている?みたいで、損をしているかもしれません。個人的には、HPで使われているちょっとコラールっぽい曲には?な感じがあるんですけど、ほとんどのかたはそういうのはほとんど気にならないことでしょう。

米国雨林さんで、サントラの各曲のさわりが聴けるので聞きに行ってみましたが、結構面白いです。映画の内容を想像させるような、変化に富んだ曲が組み合わさっています。この時代やいろいろな地域を感じさせる曲が現代風な映画音楽になっていて、映画が本当に楽しみになりました。(^_^)

さて、表題の「十字軍の音楽」についてです。
デイヴィッド・マンロウは、1942年に生まれ、1976年にわずか33歳で亡くなりました。後の古楽ブームにつながる、古楽復興の草分け的な存在です。今でもフレッシュに聞こえるのは、若くして亡くなったせいでしょうか。「自由な」「開放的な」という形容が合っているように思います。

このCDには、長い旅の夜に踊ったであろう曲や、遠征に臨み神を讃えながら残して来た恋人を想う気持ちとか、聖書の舞台となった異郷への憧れなどの歌、捕らわれとなったリチャード獅子心王の詩などが収められています。

米国雨林さんでこのCDのさわりをお聞きになってみてください。これらの曲は気楽に聞けて聞きやすいものですし、他のCDのサンプルよりも結構長く入っていて、得した気分になります。(^^;
あ・・・、あちら版はパッケージが違うんですけど気にしないで、ず~っと下のほうにいくと、試聴コーナーがありますよ。(^_^)
[PR]
by hilde_von_bingen | 2005-05-16 22:37 | CD&Music

クレヨンしんちゃん「どうようきけばぁ~」

仕事帰りに車を運転していたら、「ぴちゃっ」という音とともにフロントガラスに落ちてきたのは、鳥のフンでした。きたない・・・という前に「春だな」と思ってしまいました。桜が咲いて、鳥も活発になってきたのでしょう。久しぶりの「鳥のばくだん」でした。(^^;


今度の土曜日には、クレヨンしんちゃんの新作映画が公開されますね。(笑)
近くのコンビニで前売り券を買ってしまいました。「特典ないですけど、いいですか?」と、バイトの高校生?に聞かれてしまいました。映画館で前売り券を買うと、何か貰えたみたいですね。
ま、いっか~。

クレヨンしんちゃん「どうよう きけばぁ~」
クレヨンしんちゃん のはらしんのすけ ひろし(クレヨンしんちゃん) みさえ(クレヨンしんちゃん) 園長先生(クレヨンしんちゃん) / キングレコード
ISBN : B00005OO0K
スコア選択: ※※※※

さて、最近お気に入りの、しんちゃんの童謡のCDです。しんちゃんの歌う「犬のおまわりさん」って最高です。さすが声優さんだけあって、声の表情の豊かなこと!プロの歌い手にだって、これほど豊かな表現のできるひとは少ないかも!のはら一家も組長じゃなかった園長先生も、いい味でした。(^_^)

熱帯雨林の紹介にはないですけど、アクション仮面も一曲歌っています。なんか普通っぽい感じ。できれば、ぶりぶりざえもんの歌が聞きたかったな~。声優さん、亡くなっちゃって残念。

新作映画のタイトル、長ったらしいですね~。「ぶりぶり」なんて言葉が入っているので思わず反応しちゃいましたが、ぶりぶりざえもんの印象が強すぎて、せつないです。違う声優さんでは聞きたくないな~。っていうか、今度の映画には出てくるかしら。出てこないでね。。。
[PR]
by hilde_von_bingen | 2005-04-14 23:17 | CD&Music