ショーン・ビーンとおじさん病棟、おじさん以外も
by hilde_von_bingen
カテゴリ
全体
非公開の方へのお願い
Sean Bean
Movie&Drama
CD&Music
Myself
未分類
お気に入りブログ
Words of VM
犬のあくび ~Love ...
Tomoazlog
ハープの徒然草
Kiring Field
ボヤージュ日記
リンク
以前の記事
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:Movie&Drama( 134 )

五線譜のラブレター

祭りをやってる場合じゃありません。「ヒッチャー」公開中です。(^^;
でも、行けないので、DVD観賞いたしましたです。

五線譜のラブレター (特別編)
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ISBN : B000V9H69I
896円でございます。安いっ!

あ、いえ、(コホン・・・)、ジョナサン・プライス祭りでございます。

「ビギン・ザ・ビギン」などの名曲を世に送り出した、作曲家コール・ポターの半生の物語です。
どこかで耳にしたことのある名曲の数々とともに物語が進行していきます。
ロビー・ウイリアムズ、エルビス・コステロ、シェリル・クロウ、ナタリー・コール、その他、一流の歌い手が出演して歌っています。
特典メニューではロビー・ウイリアムズがお茶目ですよ。

主人公コールを演じたのはケビン・クライン。妻リンダの役にアシュレイ・ジャド。
冒頭、年老いたコールの前にゲイブ(ジョナサン・プライス)が現れます。コールの前で、彼の半生をたどる物語が始まります。その物語はコールがリンダと出会うところから始まります。リンダと付き合いながらも同時に男性を恋人に持つコール。知った上で彼を愛して妻となるリンダ。二人はベネチアに暮らし始めます。

リンダは、コールの音楽の才能を理解していて、彼のためにアメリカから作曲家のバーリンを招き、コールのプロの音楽家としてのアメリカでの生活がスタートします。強くなっていく二人の愛と絆。音楽の成功。リンダは、コールにとってミューズでした。
しかし、コールは・・・そしてリンダは・・・。晩年の二人は・・・。

ゲイブ役のプライスさん、始めに出てきて、あとは時折、物語をながめる老コールとともに出てきますが、いったいこの人は誰なんだろうと、最後の近くまで思っていました。
それに、ミュージカル映画だと思ってたのに、ちっともプライスさんは歌わないなあ・・・。と思ってました。
映画は、最後まで観るものです。(^_^)

あと、特典メニューも欠かせませんね。名優プライスさんがアップで話しておられます。

プライスさん、名優だし、いい映画に出てるし。
うちのおじさんも、そろそろこういう役とか、ないのかしら。(歌わなくてもいいから)
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-11-25 01:15 | Movie&Drama

エビータ

エビータ
/ パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
ISBN : B000VXXNAK

新しく1500円のDVDが発売されました。今日届いたところです。さっそく観ましたよ。
もちろん、ジョナサン・プライス目当てでございます。(^^;



c0021308_2250254.jpgDVDを予約してあったんですが、その前にどうしても待ちきれなくてサントラのCD2枚組みのを買って聴いてました。

マドンナ、やっぱりトップスターですね。うまい。(アタリマエ)

アントニオ・バンデラスが出ているとは知ってたんですが、いっぱい歌ってるんで、どういう役なんだろうと、DVDの到着が益々待ち遠しくなってましたです。
DVDを観て納得。こういう役柄も面白いですね。役柄には演劇での特別な専門用語とか、ついているかもしれないって思いました。

プライスさんは、CDを聴いていると声の演技が感動的だったりするんですが、DVDで映画としてみるととても控えめな演技です。これがプライスさんの持ち味のひとつでしょうか。特に目立つわけではない役を演じながら、全体を引き締めている感じ。

初めてこの映画にプライスさんが出てるって知った時には「お!マドンナの夫役なのね、すごいっ!」って思ったんですけど、観てみたらとても的確なキャスティングでした。

先にCDを聴いてしまったせいか、映画の感動はちょっと薄くなってしまったみたいです。
昔、生の舞台で日本人の演じたミュージカルの「エビータ」を観た時にはとても感動したみたいな記憶があるんですけど。(^^;

私がとても若かった頃、イザベル・ペロン大統領の失脚のニュースがあったのを覚えています。
DVDの映画を観ながら、「このおじさん、このあとまた女優さん(間違い、歌手でした)と結婚するんだよね」とか考えてたら、感動もどっかに行っちゃいますよね。(^^;
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-11-22 23:15 | Movie&Drama

ハネムーンはモンテカルロで

c0021308_20571421.jpgc0021308_2054821.jpgまだやってます。ロバート・リンゼイ祭り。(笑)

日本のVHSの下のほうでは「MONEY TALKS」という題になってますが、米国アマゾンで売ってるVHSでは「STRIKE IT RICH」となっています。
更に、リンゼイさんの公式WEBでは、Strike It Rich(UK)/Loser Takes All (US)と紹介されています。

1990年作品ですから、リンゼイさんは40歳ぐらいでしょうか。
離婚経験のある中年男のバートラムは、若いアメリカ娘のキャリーに夢中になり、ついに心を射止めて結婚することになります。
数字に強い会計士の彼は、会社のエライさんに気に入られて、モンテカルロでのハネムーンとヨットの旅に招待されます。高級ホテルに着いたものの、会社のエライさんはなかなか現れません。お金に困って、ギャンブルに手を出しますが、数字に強い彼は必勝法を編み出し、プロとして扱われるまでになります。ギャンブルで稼ぐことに夢中になるバートラム、そして新妻は・・・。

リンゼイさんお得意のコメディーです。
地なのか、演技なのか、演出なのか・・・かなり「おじさんくさい」です。(笑)
笑顔がいじらしいんですけど、時々ふと、ペリュー提督の表情になって、どきどきさせてくれます。もうあと8年で、ペリュー艦長を演じたわけですから、若い顔ではなくて大人の顔であっても不思議はないですね。

映画の中で、バートラムの会社のエライさんを演じたのは、ジョン・ギールグッドです。どうして私はこの人の名前を覚えてたんだろうと、さんざん考えて調べてみたら、以前にここで取り上げたことのある「ジュリアス・シーザー」(1970年作品)で、シーザーを演じてました。BBCのシェイクスピア・シリーズにも出てました。ケイト・ブランシェットの「エリザベス」ではローマ教皇を演じていました。2000年にお亡くなりなので、病棟入りではありませんが、味のあるお爺ちゃんでした。
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-11-20 21:34 | Movie&Drama

素敵すぎる

c0021308_22115260.jpgロバート・リンゼイさんの「オリバー・ツイスト」でございます。
前の記事にも書きましたが、TVミニシリーズで、各回が1時間半強の4回の構成になっています。
第1話はオリバーが生まれるまでの話で、ディッケンズから離れて創作されているようです。

やっと、第2話を観ました。
オリバーが生まれて救貧院で育ち、フェイギンと出会い、更にブラウンロー氏と出会うところまでです。

フェイギンをロバート・リンゼイさんが演じてます。
惚れ惚れします。(^^;
フェイギンの役は、ベン・キングズレイでもアレック・ギネスでも観たのですが、どちらも名優でそれぞれにフェイギンはこういう爺さんなのねって思ったんですが、リンゼイさんは「フェイギンなのに惚れててどうする」という感じなの。助けて。(笑)

キーラ・ナイトレイが出てますよ~。
スター・ウォーズでアミダラの影武者を演じたころです。美少女です。

素敵なおばさんもいます。リンゼイ・ダンカンさん、バッチリ悪役してます。
ロバート・リンゼイさんとは何度もテレビで共演してますが、今回は一緒のシーンは無いみたいです。といっても、私の出演作行脚はまだこれから予定してます。

c0021308_2250334.jpgブラウンロー氏を演じたのはマイケル・キッチンです。
第1部ではクールな素振りを見せていましたが、実はとても良い人なんですね。


c0021308_22552960.jpg007シリーズで、ビル・タナー役を何度か演じてます。

c0021308_22574589.jpgBBCのシェイクスピア・シリーズでは、「リア王」でエドワードを演じてます。

人妻姉妹を二人一緒に篭絡するやつには見えませんでした。(^^;


c0021308_2343626.jpgやっぱ、先日紹介したローレンス・オリビエの「リア王」のエドマンドがいいなあ!
リンゼイさんだもの。

私がゴネリルでもリーガンでも、どっちであったとしても、こちらのエドマンドと浮気しますわ。(爆)
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-11-11 23:09 | Movie&Drama

この秋いちばん観たい映画 「呉清源 極みの棋譜」

ずっと前にmixiの日記に書いたのですが、公開も近いのでこちらに。
にしても・・・うちの近くの映画館はどうしてこういう名作を上映しないんでしょう。(・・・最初からグチですみませんです。)
11月17日公開です。往復4時間かけて見に行きます。(近いものだわっ!)

c0021308_21292063.jpg思い入れが強すぎて、うまく説明できません。

まずは、公式HPをご覧くださいね。

碁を打つ者なら誰でもが尊敬しているかたでございます。
呉清源先生の人生と激動の昭和を描いた作品です。

(以下、自分の9月9日に書いたmixiの日記を引用・加筆修正して転載します。)

主演のチャン・チェンさん、素敵ですねっ。台湾出身の国際的スターなんですって。この映画についての情報が出るまで知らなかったです。
田壮壮監督、「青い凧」という映画で中国政府から睨まれたことがあるらしい。気骨のある監督なら期待が持てそうです。

呉清源先生は実在の囲碁棋士で、90歳を過ぎた現在もご健在な姿を見せてくださいます。
中国生まれ、昭和3年に14歳で来日。故・木谷実との地獄谷でのエピソードが有名で、近年には地獄谷に「新布石誕生の地」という石碑が建ちました。
映画は、呉先生の生きて来られた激動の時代を先生の目をとうして描いたものです。

私は普通は有名な人に「先生」とはつけないのですが、呉先生は別です。NHKの講座で人間性の深さに打たれました。
映画、絶対に観ます。
11月17日全国公開。
出演・・・チャン・チェン 柄本明 松坂慶子 伊藤歩 仁科貴 南果歩

観てねっ!
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-11-05 21:49 | Movie&Drama

おばさん病棟?の気配も・・・2

「スターダスト」に続いて「ヘアスプレー」を観ました。
せっかく往復4時間かけて、しかも行きは高速道路で1400円かかってるし。
1本じゃもったいないですよね。(^^;

c0021308_22335875.jpgで、これもミッシェル・ファイファーです。(笑)
はじめはコスプレじゃないと歳が分かるかなと思ってたんですが、物凄い往年の美女ぶりでした。
ご本人は「行き過ぎないように」演じたそうですが、そこがベテランのさじ加減ですね。
このかた、病棟入りです。(笑)


c0021308_22382262.jpgクイーン・ラティファ、歌には説得力があります。映画に現実味を与えたと思います。

ジョン・トラボルタ、まったく女性らしい女性を演じました。ほんとに何でも出来る俳優さんですね。私のツボとはちょっと違うので病棟ではないのが残念ですが。(^^;


c0021308_22463376.jpgマーズデンちゃん、お子チャマに混じっているとやっぱり大人ですね。(笑)
歌が上手かったです~。
話し方もリズムが良くてきりっとしてましたわ。
皆さまも褒めてらっしゃいましたね。
(^_^)


ご紹介くださった皆様、ありがとうございました!!
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-11-03 22:50 | Movie&Drama

おばさん病棟?の気配も・・・1

車で2時間、往復4時間かけて行ってまいりましたよ。
「スターダスト」と「ヘアスプレー」

c0021308_21104238.jpgまずは「スターダスト」から。
行って良かったです!鑑賞報告をあげてくださったブログの皆さまありがとうございます。
テリー・ギリアムじゃないけど、でもテリー・ギリアムのファンタジー映画を真っ当に作ったらこうなるかな、という感じ。「バンデットQ」とか「バロン」を思い出しながら観てましたです。


c0021308_21531740.jpg映画を観ながらの私の心の叫び・・・「ああ、そんなに魔法を乱用すると老けちゃうよ~!」
悪くて強い魔女ラミア、美しかった~。ミッシェル・ファイファーって、ショーン・ビーンさんよりも1歳上なんですよ~。老婆から古い星の心臓のかけらで若返るところ、すごく綺麗でした。でも魔法を使うたびに老けちゃうのがなんとも可笑しくて笑わせてもらいました。

c0021308_2235913.jpg魔女サル役のメラニー・ヒルはわりと最初の方でアップで映って、嬉しい驚きでした。
上手い脇役ですね。観客が物語に引き込まれるのに一役買っていたと思います。
ラミアがどんなに強力な魔女なのかも、彼女の存在によって表現されてましたね。
なぜ彼女がウナを奴隷にしていたのかは、謎のままでした。(^^;

c0021308_21534087.jpgそれから、心の声その2は、「王子様しっかり!」
王子様方、邪悪で素敵でしたね~。でも皆さん意外にあっさりとやられちゃったりしてガクっ。でもそのヘタレぶりも十分に可笑しかったです。
彼らのお父さん、爽快なほど悪い人でした。死ぬ間際にアレじゃあ、息子たちも大変。(笑)

王子様方、死んでも幽霊で残っていて生きている兄弟についていくんですけど、死んだ時のまんまの格好なのがまた可笑しかったです。頭に斧がささってるのはお約束として、真っ白けな人はどうやって死んだんでしょうね~。(笑)

セプティマスのマーク・ストロングは、「オリヴァーツイスト」とか「ヘンリー8世」とか「シャープ」にも出てました。セカンダスのルパート・エヴェレットは、「真夏の夜の夢」でオベロンを演じていてそのときのタイタニアがミッシェル・ファイファーだったんですね。

c0021308_2210826.jpgc0021308_22194233.jpgデ・ニーロのキャプテン・シェイクスピアって・・・、おじさん、そこまでやりますか。(笑)
いい部下を持って、幸せなおじさんでしたね。


トリスタンのチャーリー・コックス、可愛かった~。(それだけかい)
イヴェインのクレア・デインズ、私は好感が持てましたよ。顔はホラー向きだったけど。(笑)
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-11-03 22:20 | Movie&Drama

マイウェイ・マイラブ

マイウェイ・マイラブ (ユニバーサル・セレクション第3弾) 【初回生産限定】
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
ISBN : B000RX6L7Q
スコア選択:

ロバート・リンゼイ祭りでございます。
止まりません・・・。というか、すでに祭りの段階を超えております。(^^;;;

原題は「THat'll Be The Day」、1973年作品です。
母と二人暮らしの高校生ジムは、ロックスターに憧れながら漠然とした不安を抱えています。彼はある日、衝動的に家出します。移動遊園地で働きながら、女の子を引っ掛けたり、その日暮らしをします。そして彼の人生は・・・。

ジムの悪友役に、ビートルズのリンゴ・スターが出演しています。
風来坊みたいな男です。いい味を出してます。(^^;
リンゼイさんと一緒のシーンはありませんから、撮影は別にされたのでしょうね。

c0021308_20371276.jpgリンゼイさんは、ジムの親友テリーを演じています。23歳ぐらいでしょうか。高校生の役から始まります。ちょっとふけてる?許容範囲ということで。

c0021308_203935100.jpg家出したジムを訪ねてきたテリー、大学生になってます。
一応、ジムとは対称的に真面目、という設定です。
大学生活も女の子がいっぱいでジムの生活とそんなに変わらないとか言ってます。おい。

c0021308_20414762.jpg移動遊園地で働くマイク。
リンゴ・スターでございます!!
つり銭を誤魔化したりしてるやつです。
ジムに女の子と遊ぶことを教えたやつですが、ジムのほうががどんどん無節操になります。

c0021308_20453875.jpgc0021308_20483837.jpg

c0021308_20513085.jpg話をリンゼイさんに戻しましょうね。
ウチはリンゼイさんのブログですから・・・おっと、口がすべりました。(爆)

若いからキレイですけど、いわゆる美形というわけじゃないんですよね。
ホーン・ブロワーでペリュー艦長→提督を演じたときも、若い頃と同じ雰囲気を持っていました。素でも、こういう雰囲気の人なのかな~。

でも、リンゼイさんに関しては私生活に興味を持つことはしないでおきたいと思います。
夢はずっとキープしたいですもん。

今、一緒に住んでいる女性とのあいだにまだ小さいお子さんが何人もいるとか、1988年生まれのお子さんがいるとか、公式ウェブサイトに書いてありましたけど。。。(^^;
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-10-28 21:09 | Movie&Drama

ハリウッド夢、夢物語

c0021308_22355446.jpgロバート・リンゼイ祭りでございます。
原題は「Bert Rigby You're a Fool」
1989年作品です。

イギリスの廃れ行く鉄鋼の町(シェフィールドじゃござんせんが)、バート・リグビーには、隣家に住む恋人がいました。素人演芸会で優勝したことから、シドという男が押しかけマネージャーになり、各地の素人演芸会を回って賞金を獲得して暮らすようになります。アメリカのコマーシャル制作者の目に留まり、シドと共にアメリカに渡ります。ところが企画はボツになり、帰るお金もありません。イギリスで待つ恋人・・・。そして・・・。

楽しいミュージカルでございました。
歌って踊るリンゼイさんの姿を目にすることができましたわ。
この映画でのリンゼイさんは、「ハンサム」とか「素敵」とか「きゃ~♪」という感じではありませんが、一生懸命だし健気だし可愛いです。(^^;

マネージャーのシドを演じたのは、ロビー・コルトレーンです。若いです。(笑)
「おや、またお会いしましたね。」と声をかけたくなりましたです。
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-10-25 22:55 | Movie&Drama

ローレンス・オリビエの「リア王」

c0021308_23365954.jpgロバート・リンゼイ祭りでございます。
1983年作品、BBCのシェィクスピア・シリーズに出演していた頃ですが、これはBBCのではありません。
私の愛するベネディックを演じる前の年です。
リンゼイさんの役はエドマンド。悪い男でございます。アップとか独白とかいっぱいあります。きゃー素敵!目線が一定せずにあちこちを見回しながら一気にしゃべって、急にカメラ目線になってじっと見つめるの、たまんない。(笑)

ローレンス・オリビエ御大、既にご高齢でしたが、素晴らしい演技です。弱々しい声や狂気に圧倒的な存在感がありました。しかも、ふと正気に帰ったときの優しさ!字幕無しの英国のDVDですけど、凄く伝わってきました。

大きな役ではありませんがブライアン・コックスさんも出てました。まだ若かったけれど、やっぱり悪人顔のおじさんでした。(^ー^)
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-10-22 23:10 | Movie&Drama