ショーン・ビーンとおじさん病棟、おじさん以外も
by hilde_von_bingen
カテゴリ
全体
非公開の方へのお願い
Sean Bean
Movie&Drama
CD&Music
Myself
未分類
お気に入りブログ
Words of VM
犬のあくび ~Love ...
Tomoazlog
ハープの徒然草
Kiring Field
ボヤージュ日記
リンク
以前の記事
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:Sean Bean( 268 )

The Fifteen Streets

c0021308_0245368.jpgネタバレかも?

主人公ジョン(オーエン・ティール)、主人公の兄弟ドミニク(ショーン・ビーン)です。
主人公は能天気・お気楽・自分の恋にしか目が行かない普通の善人でした。
DVDのパッケージの表は、なぜか脇役のショ様で、もっと不思議な事に良い人に見えます。いくら販売戦略とはいえ、主人公がパッケージの裏側に回されていいんでしょうか?(爆)
c0021308_0291853.jpg

ショ様が演じるのは、ティーンエイジャーのときの不満を持ったままお酒の飲める年齢に達してしまったかに見える若者、しかし彼なりに家族思い(特に母親)ではあった。



c0021308_0304067.jpgストーリーは、主人公が自分の恋にうつつを抜かしてぼ~っとしているあいだに、知らないうちに悲劇へと向かっています。その家族を嵐へと導いていく重要人物はショ様です。やっぱり表に出るべきか・・・。ただしもっと違う写真で。(^^;

DVDがあちこちで売り切れているそうです。まめおさんによれば、「いらないDVD」がいっぱい入ったセットでなら買えそうなようです。VHSなら、まだ手に入るところはありそうですが。。。
[PR]
by hilde_von_bingen | 2005-01-22 00:36 | Sean Bean

ショ様、4歳ぼうやとお友達になる!

Shefield Today のニュースです。

あ~、英語勉強しておけばよかった~。(号泣)よく分からんので推測を交えて書いてみます。間違ってたらごめんなさい。

ショ様が、シェーフィールドに住む脳性麻痺?の4歳のぼうや、カイ君を「びっくり訪問?」したという記事です。ショ様とカイ君はすぐに親友?になっちゃったんですって。その後もカイ君はショ様の話が止まらない?みたいです。来週のお誕生会にもショ様を招きたいんですって。(^_^)

カイ君のおばあちゃんは46歳!若いな~。ショ様の大ファンで、ナショナルトレジャーのプレミアに行ったのかな?ショ様に会えて、話をしたらしいです。で、3週間後にいきなりショ様が訪問されたみたいです。BLADESの試合を見てから、他の約束に遅れてたけど、カイ君の訪問を優先したみたい。
BLADESのシャツとか、お土産を持っていって、この日からカイ君もBLADESの大ファンになったそうです。

う~ん、うまく訳せないです~。まめおさ~ん!
[PR]
by hilde_von_bingen | 2005-01-13 22:41 | Sean Bean

Tom&Thomas到着

c0021308_043474.jpg
ネタバレかもです。

オランダから「トムトマ特典付き」が到着しました。
特典があるっていいですね。
撮影中、ショ様とアーロン君は実の親子みたいに息が合っていたようすがよく分かりました。子役と動物には勝てないといいますが、アーロン君、名子役ですね。演じ分けについても言っていたようですが、実際はトーマスよりトムに近いのかしら。不明です。(^^;

ショ様は大人の俳優で良い人で優しいおじさんって感じでした。特典映像では行く末の心配な可愛いおじさんの影はちっともありませんでした。もう、ひたすら素敵!でした。
[PR]
by hilde_von_bingen | 2005-01-12 00:47 | Sean Bean

フットボールの英語 Total Book

カール・R・トゥーヒグのCDブック、以前買った赤いの&緑色のに続き、青いの&ベージュのを買ってしまいました。青いのは「フットボールの英語」ベージュのは「知的会話のための英語」です。

最初に開いたのは、当然でしょう、青いのです。そして内容よりも先に言葉を捜しました。「シェフィールド・ユナイテッド」「ブレイズ」。。。誰か、見かけた方はいらっしゃいませんか~~~???あったら教えてください。何ページですか?!っと、とぼけたこと言っていたら、あるじゃ~ないっすか!とりあえず99ページ「よく出くわす用語」に。(爆)
Shefield United advanced into the semi-finals.

あ、取り乱したりして失礼しました。この本、もちろん読んで勉強するために買ったんです。フットボールについての基本的な用語や試合についての言い回しから、ファンの勝手な言い草なんかも出ています。なんてたくさんの庶民らしい言葉が並んでいるんでしょう(f***で始まる言い回しなんて、とても多いこと!)。

これをしっかり勉強すれば、ショーン・ビーンがナレーターをしているフーリガンについての特集DVD「Troubles On Terraces」もかなりの理解ができるようになることでしょうね。今は仕事のBGMにしてますけど。おっと、ショーンはナレーションだけですから、下品な言葉は使ってませんよ(ここでは)。
[PR]
by hilde_von_bingen | 2005-01-07 22:59 | Sean Bean

年代順出演作・bean_dailyさんの記事から

c0021308_23533446.jpg
ここに、ショーンの年代順出演作から1枚ずつの画像がアップされていました。私のナローくんではちょっと大変だったんですけど、×点印になっちゃったのも全部開いてみました。ごく初期のは無くて、カラヴァッジオからPRIDEまで全作品ではありませんが、39作です。
たくさんの画像が公開されている作品については、私ならもうちょっと違うのを選ぶかな?というものもありますが、総じてなるほどと思いました。

これだけ並べてもらうと、作品とかキャラクターの違いによって随分とショーンの表情が違う事に、改めて気付かされます。
例えば「ショッピング」のヴェニングの冷たくて硬い表情、「黒馬物語」のグレイの人の良さそうな田舎の人の表情が並んでいます。違いがとてもよく分かって、ショーンの演技に今さらながらに感心しました。

いつもながら、お気に入りのジェイソン・ロックちゃまは可愛いです。作品が気に入っているHow To Get A Head In Advertising の画像はちょっとぼやけているけれど若くて美しかったのが分かります。
Valさん、ナイスジョブです!勝手に紹介させていただきました。感謝。
[PR]
by hilde_von_bingen | 2005-01-04 23:54 | Sean Bean

006/ゴールデン・アイ

c0021308_050418.jpg

今夜、これからテレビで放映されます。もうすぐです。
明日は仕事です。夜更かしはいけません。夜昼逆転がなおりません。DVDは当然持っています。でも、これから観ます。

ショーンの演ずる006は当然かっこいいヒーローです。ショーンの見方を演ずるファムケ・ヤンセンはかっこいい女優さんで、いい人です。
007は裏切り者で、ボンド・ガールは男を見る目がありません。
では、これから楽しみま~す。(^_^)
[PR]
by hilde_von_bingen | 2005-01-02 00:56 | Sean Bean

Total Film のインタビュー

1週間も前のことについて書きます。遅れてる~。(^^;

インタビューそのものについては、いろんな方が紹介されていますので、ここではほんの一部について・・・

Q ジェイムス・ボンド役をやりたいですか?(以下略)
A 時々聞かれるんだけど、006をやってその時殺されてるから無理だと思うよ。(以下略)

今のショ様なら、世界中のどの俳優よりふさわしいのでしょうけど、ショ様のおっしゃるとおりでしょうね。
そこで、ショ様がボンド役なら・・・とタイトルを考えてみました。

ゴールデンアイ    → グリーンアイズ
ゴールドフィンガー  → セクシーフィンガー
ロシアより愛を込めて → シェフィールドより愛を込めて
007は2度死ぬ    → 007はいつも死ぬ
死ぬのはヤツラだ   → 死ぬのはオレだ

私って、つくづく・・・(^^;
[PR]
by hilde_von_bingen | 2004-12-30 01:09 | Sean Bean

「トムとトーマス」

私のところには23日に到着し、その夜は「ひとりトムトマまつり」で熱狂の夜を過ごしました。(凄しという変換が出ました。PCも凄さを知っているのかも)
翌日仕事に行って、いつも「クレヨンしんちゃん」のDVDを貸してあげる同僚(男性、妻一人娘一人)に「これ観てください。絶対いいですから。」と押し付けました。え?翌日にはもう旅に出すのかですって?いいの。熱狂の夜を過ごしたんですもの。それに、あとはフランス版を観ても楽しめますからね。

27日に返してもらったときのコメント「最後まで(ショーン・ビーンが)出ていて良かったですね。うちの中一の娘は夢中で観ていましたよ。子役の演じ分けは上手でしたね、本当に一人の子供が演じたですか?ストーリーの展開には少し無理がありましたが、クリスマスには良い作品でしたね。」

一般の方にショ様の出演作品を一応は評価してもらえて、良かったです。それに、うちのショ様がいい人だって分かってもらえたのも嬉しいです。
まさか、最初にジェイソン・ロックちゃまを他人に見せるわけにはいきませんわね。これだけはしまっておこう。日本語版はきっと出ないでしょうし。c0021308_0203457.jpg
[PR]
by hilde_von_bingen | 2004-12-30 00:14 | Sean Bean