ショーン・ビーンとおじさん病棟、おじさん以外も
by hilde_von_bingen
カテゴリ
全体
非公開の方へのお願い
Sean Bean
Movie&Drama
CD&Music
Myself
未分類
お気に入りブログ
Words of VM
犬のあくび ~Love ...
Tomoazlog
ハープの徒然草
Kiring Field
ボヤージュ日記
リンク
以前の記事
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Bean hits back over 'foul tirade'

今日のThe Starのニュースですが、英語力が無くてなんのことかよく分かりません。
c0021308_2130674.jpg
ワーノック氏のもうじき出版される自伝のなかで、最終試合のあとでショーンが20分にわたってワーノック氏の奥さんと息子さんの前で、汚い言葉で吼えまくった、とか書かれているみたいですね。
今日の記事では、そのことに対するショーン側の反論が掲載されているんですね。

「自分ひとりじゃなかった」・・・えっと、それって反論になってませんよ。一人より徒党の方が怖いですもん。
「息子さんがドアの影にいるなんて知らなくて、だれかに知らされて、慌てて謝ったんだ」・・・知らなかったじゃ、済まされないのでは?
「ワーノックが語っていることは、自分が覚えていることの全てじゃない。」・・・そりゃまあ、記憶で発言することは、人や立場によって違ってきますからね。でも、本が出版されちゃったら、それが記録として人々の目にふれるわけです。まずかったね、ショーン。

最後の方で、別のブレイズファンの発言なのかな。「Warnock was known for his colourful language.」とか、その他書いてありますが、私にはうまく説明できません。
少しショーンに同情的なことが書かれているのかな?
[PR]
by hilde_von_bingen | 2007-08-01 21:57 | Sean Bean
<< 結論として(含・極論) ポロの国際イベントでは >>