ショーン・ビーンとおじさん病棟、おじさん以外も
by hilde_von_bingen
カテゴリ
全体
非公開の方へのお願い
Sean Bean
Movie&Drama
CD&Music
Myself
未分類
お気に入りブログ
Words of VM
犬のあくび ~Love ...
Tomoazlog
ハープの徒然草
Kiring Field
ボヤージュ日記
リンク
以前の記事
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ドラゴンハート

ドラゴンハート
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
スコア選択: ★★★★

騎士とドラゴンが悪い王と戦う!

この作品は、レンタル屋さんで、ショーン・コネリーがドラゴンの声で出ているなら、まあまあの映画なんだろうと、何も知らずに適当に借りてきて観たのです。

観て驚きました。悪者のアイノン王に、デイビッド・シューリス。シューリスって気がつきませんでした。若くて結構美しかったです。王の片腕フェルトン卿(注・フェントンじゃなくて)にジェイソン・アイザック。王の母にジュリー・クリスティー。そして、そして、極めつけは坊さんのギルバートにピート・ポスルスウェイト!いやあ、またお会いしましたね、ピートおじさん!

imdbによれば、1996年にはピートおじさんはWhen Sturday Comes とかブラス!とかロミジュリとかも合わせて6本出ています。働き者ですね~。ブラス!の時は可哀想だったな~、うるうる。今回は楽しい役でした。狂言廻しっていうのかしら。(^^;

さて、作品ですが、初っ端の廃墟での剣術の稽古、なんかどっかで観たことあるな~。やっぱりこういう雰囲気にしかならないのかも。頑張れパトロクルスって、ちが~う!(爆)
領民を苦しめていた王が死に、王子が新しい王冠を抱えたまま瀕死の重傷を負いますが、ドラゴンの心臓を半分もらって命を助けてもらいます。ところが、新王は本当はとても悪い人間だったのです。

新王がまた領民を苦しめるようになり、剣術指南役だった古いタイプの騎士は王を正しく導けなくてイジケます。世をすねた騎士はドラゴンいじめに走ります。そして・・・。
なんてったって、ドラゴンの声はショーン・コネリーですから、ドラゴンが悪いのではないことは観客は百も承知です。そして、ドラゴンが大活躍することも。

期待していた以上に楽しめた作品でした。うるうるもさせてもらいました。ひとつ、イマイチだったのは、主人公の騎士ボーエン役のデニス・クエイドのアメリカ英語でした。「r」がちょっと耳障りだったかもです。
[PR]
by hilde_von_bingen | 2005-01-31 21:26 | Movie&Drama
<< 幽鬼100% 「ぼくのプレミア・ライフ」を読... >>