ショーン・ビーンとおじさん病棟、おじさん以外も
by hilde_von_bingen
カテゴリ
全体
非公開の方へのお願い
Sean Bean
Movie&Drama
CD&Music
Myself
未分類
お気に入りブログ
Words of VM
犬のあくび ~Love ...
Tomoazlog
ハープの徒然草
Kiring Field
ボヤージュ日記
リンク
以前の記事
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ベニスの商人

ヴェニスの商人
/ ポニーキャニオン
ISBN : B000E5LIRK
スコア選択: ※※※※※


c0021308_11135673.jpgアントーニオー役で、ジェレミー・アイアンズが出ているので購入してみました。
キングダム・オブ・ヘブンのティベリウス役、シブくて素敵なおじさんでしたね。
アントーニオーはいい年のおじさんが、若い友人のために全財産と生命を危うくする話、なのに、私たちにはお馴染みのお馬鹿なおっさんのイメージはありません。今回も抑えた演技でキャラクターを表現していました。
映画を観ていない人に、ご自分で感じ取っていただきたいので、抽象表現にとどめます。

c0021308_11203024.jpgでも、この作品の売りは、アル・パチーノがシャイロックを演じているところにあります。今までではアル・パチーノといえば「ゴッドファーザー」というイメージで、私自身はそれすらまともに観た事が無いのです。「アル・パチーノのベニスの商人」というだけだったら買わなかったかも??
今回、ジェレミー・アイアンズのおかげで(笑い)、アルパチーノを観ることができましたです。

作品の感想(軽い方から)
・アントーニオーって、若くなかったんだ~。へぇ~。
・バッサーニオー(ジョセフ・ファインズ)は、まったく箱当てに成功するようなキャラクターに見えなかった。
・ポーシャ(リン・コリンズ)は、ルネサンス絵画のような顔立ちで映像にぴったりだった。
・ランスロット・ゴボーが「ランスロット!」と呼ばれるたびに、別の顔がちらちら浮かんだ。
シャイロックはすごくいいです。
アルパチーノを視界に入れていなかった自分を反省しました。

c0021308_1112283.jpgc0021308_116288.jpg このかたが、ランスロット・ゴボーを演じています。
最近映画館でお目にかかりましたね。嬉しかったな~。(^^)
本人さん、特典映像の中で「大事な役柄なんだよ」と言っておられます。
シェイクスピアには、こういう役柄が欠かせないんですよね。


「ベニスの商人」は、特典映像の中でアル・パチーノも言っていますが、反ユダヤ主義という観点から現代ではどうやって製作するかが難しい作品だと思います。
ともすれば、「かわいそうなシャイロック」ばかりが目に付いてしまうこともありますね。
作品の冒頭、ごく簡潔に当時の社会でのユダヤ人差別について、解説がされていますが、逆にこのおかげでシャイロックやアントーニオーなど、登場人物ひとり一人の個性や心の動きに目を向けることができたと思います。

最後に、おじさん病棟にジェレミー・アイアンズとアル・パチーノはふさわしいか?
「笑える部分」がみつかるまで、もうちょっと待ちましょう。(^^;
[PR]
by hilde_von_bingen | 2006-08-14 11:32 | Movie&Drama
<< リチャードを探して Outlawの記事 >>