ショーン・ビーンとおじさん病棟、おじさん以外も
by hilde_von_bingen
カテゴリ
全体
非公開の方へのお願い
Sean Bean
Movie&Drama
CD&Music
Myself
未分類
お気に入りブログ
Words of VM
犬のあくび ~Love ...
Tomoazlog
ハープの徒然草
Kiring Field
ボヤージュ日記
リンク
以前の記事
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


SFボディ・スナッチャー

またしても、999円DVDでございます。
どうしてもスポック氏から離れられないレオナード・ニモイ氏のご出演作です。
SF/ボディ・スナッチャー
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ISBN : B0002B5818
スコア選択:

おじさん病棟としては、以前にご紹介いただいたドナルド・サザーランドが主演です。
ひるではいままで注目してなかったんですけど、結構なおじさん俳優ですね。ステキ♪

1978年作品で、一連のSFブームの中に位置する作品なんですけど、「未知との遭遇」とは明らかに一線を画した作品でした。ひるでには、SWの陰に隠れて見落としていたもったいない作品のひとつです。
レビューは、アマゾンさんにお任せしましょう。(^^;
今回、DVDを一気に観てしまいました。飽きさせない作品です。999円で損した感じを与えません。

人間のコピーとなる「大人の胎児」が登場するシーン、「アイランド」を思い出しました。もし「アイランド」を観ていなかったら、ひょっとしたら気持ち悪かったかもしれません。(もちろん「アイランド」は平気でしたよ、すべてメリックさまの立場で観賞してましたから。)

ニモイ氏、たしか、当時のSF雑誌では、「ミスター・スポック」から脱却するための映画出演、とか書いてあったように思いますが、昔のことですので記憶が定かではありません。
しかし、この容貌、一度観客に植えつけられた印象はなかなかぬぐえないものだと思いましたわ。

ジャック・フィーニィによる原作で、3回映画化されているうちの2回目だそうです。
やっぱり原作も読んでみた方がいいかしら。(^^;
[PR]
by hilde_von_bingen | 2005-11-23 00:01 | Movie&Drama
<< 似てきたと言えば・・・ サーキス@コング >>