ショーン・ビーンとおじさん病棟、おじさん以外も
by hilde_von_bingen
カテゴリ
全体
非公開の方へのお願い
Sean Bean
Movie&Drama
CD&Music
Myself
未分類
お気に入りブログ
Words of VM
犬のあくび ~Love ...
Tomoazlog
ハープの徒然草
Kiring Field
ボヤージュ日記
リンク
以前の記事
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


HORNBYのCM

親切な方が教えてくださったので、、ショ様がナレーションをしておられる鉄道模型のCMを見てみました。

延々と機関車の走る姿とか機関士の姿とか昔懐かしい映像が、音楽とともに流れていきます。
ひょっとして、見る場所を間違えたのかと心配になってしまいました。
しばらくして、映像が白黒からカラーに変わり、ショ様の声が聞こえてきますです。
これはCMの終わりのほうなのか、と思うぐらいに後のことなのです。
・・・が、ショ様の声になってからが結構長いですよ。
HORNBY社の模型の素晴らしさとか、性能のよさ、「こんなこともできる」とか、そしてコントロールの簡単さなどが詳しく語られているようです。(英語力が無いので、推測ですが。)

聞いているうちに、私も注文しちゃおうかしら、という気持ちにさせられました。
(あとで、我に帰って自分が鉄道マニアじゃなかったことを思い出しました。)
英国の奥様方には、旦那様の誕生プレゼントに買ってあげよう、とか思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ショ様にとっては、鉄道はある意味欠かせないアイテムですよね。
ショパパも飛行機嫌いだったようで、ショ様の子供の頃にはバカンスなんかも家族一緒に鉄道で移動していたようですね。
私自身、子供の頃にはまだ蒸気機関車が走っていたのですけれど、英国でもショ様の子供の頃には走っていたんではないかしら。

そういえば、ショ様はついこの間のインタビューでナレーションなら何でも引き受けるみたいなことを言っておられましたね。
「お仕事は選んでね」と言いたいところですが、こういうCMなら歓迎です。(^_^)
[PR]
by hilde_von_bingen | 2005-08-05 23:22 | Sean Bean
<< Bad guy roles w... 悪役の末路、映画と現実 >>