ショーン・ビーンとおじさん病棟、おじさん以外も
by hilde_von_bingen
カテゴリ
全体
非公開の方へのお願い
Sean Bean
Movie&Drama
CD&Music
Myself
未分類
お気に入りブログ
Words of VM
犬のあくび ~Love ...
Tomoazlog
ハープの徒然草
Kiring Field
ボヤージュ日記
リンク
以前の記事
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「アイランド」の3回目で号泣。その1

アイランドの3回目を観てきました。
出回りすぎたトレーラーや画像のせいで新鮮味を感じなかった1回目、あまりのカーアクションの長さに眠りそうになったけど地震の時とメリック様のシーンとジョーンズおじさん(3歳)のシーンだけ起きていた2回目でしたが、3回目にはようやく素直に観ることができましたです。

これまでネタバレを避けてきましたが、突然ですが、今夜勝手にネタバレ解禁にいたしますです。まだご覧になってない方は、絶対に、ぜぇ~~ったいに、読まないでくださいね。
マジ、危険です。。。

感想行きま~す。一人ひとりのクローンと直接話をして健康管理をするメリック様って、羊を守る羊飼いのようですね!前回も書きましたが、りっぱでございます。「痛くない痛くない・・・、次はもっと痛いよ」って、なんか、楽しそうに見えちゃったんですけど。(^^;

そういえば、片方消えた靴は、いったい何だったんでしょうか。ずっと気になってました。

ジョーダンちゃんをエコ贔屓するおばちゃん、リンカーンくんにお酒まで飲ましてしまう花柄パンツおじさん、クローンと直接対峙する社員が多いとどうしても社員管理が崩れますね。この映画のような事件が起こらなくても、そういう社員から始まった亀裂でメリック社は崩壊しちゃったかもしれないと思いましたですよ。

前半、「なぜ、どうして」と疑問を持つリンカーンくん(3歳)には結構納得がいきました。3歳なら当然じゃないですか!でも、一方で「液体の流れはここからここまで」と自分の近く範囲で納得しているジョーンズおじさん(3歳)も可愛いと思いましたです。

蛾を追って上に出てのリンカーンくんの見聞きしたことは「よくそれだけ見られたな~(笑)」という感想ですが、必要なエピソードだから、ま、いいか。。。

さて、2体の製品が逃げてから。。。
おじさん、2体を捕まえるのに必死でした。依頼したローランが、まさか裏切り者になるとは!しかもローランの部下たちはそろいもそろって能無し!ひっくり返ったり、ぶっ壊したりハデなアクションを繰り返しながら、肝心な2体を回収することができません。大変な一味を信用してしまったものです。

こうしておじさんの悲劇は始まってしまいます。(涙)
窓の夜景に向かって立って、クローンの管理のしかたについて語るメリック様、後姿のセクシーさが、これからの悲劇とオーバーラップして涙を誘いましたです。でも、1回目の鑑賞では、あまりの素敵さにノックアウトされたのでした。

トム様、なんで、6-エコーに愛車を運転させたの?その前に、なんで腕の認識票をはずしてやっちゃったの?もうちょっとクローンの立場をわきまえさせるべきじゃありません?
などというエピソードに続いて、ローランの裏切りがはっきりするのは、トム様が3-エコーに「このクローンが!」と言った時です。これで「いけ好かない本物の依頼人を殺してやれ!」というローランの行動になっちゃったんですねー。お気の毒なトム様。警戒が足りなかったわ。。。

「6-エコーを始末した」という偽の報告に、手を打って喜びを表すメリック様の可愛いこと!!でも、「あなたは裏切られているんです」と教えてあげたくても・・・無理ですね。(悲)

長くなるので、このあたりで一旦切りまして、「その2」に続きますです。
[PR]
by hilde_von_bingen | 2005-08-03 23:48 | Sean Bean
<< 「アイランド」の3回目で号泣。その2 エリザベスタウン >>