ショーン・ビーンとおじさん病棟、おじさん以外も
by hilde_von_bingen
カテゴリ
全体
非公開の方へのお願い
Sean Bean
Movie&Drama
CD&Music
Myself
未分類
お気に入りブログ
Words of VM
犬のあくび ~Love ...
Tomoazlog
ハープの徒然草
Kiring Field
ボヤージュ日記
リンク
以前の記事
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


The Nun's Priest's Tale

c0021308_21164829.jpg 手元に岩波文庫の「完訳・カンタベリー物語(全3巻)」がありまして、Nun's Priest(声・・・ショーン・ビーン)の話を探してみました。第3巻にある「尼僧付の僧の物語」がそうでした。

辞書を引いたら”nun”というのは尼僧とか修道女のことでした。そういえば、関係ないけど、ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの著作も修道院付の司祭に口述筆記してもらったものだったのを思い出しました。修道女にはミサを行うことが許されていないので、かならず女子修道院には男性の司祭がいたのです。カンタベリー物語の”Nun's Priest” もそういう司祭のひとりだったのでしょう。
c0021308_21412888.jpg
物語は雌鳥を7羽従えた雄鶏の話です。語るのがそういう僧というのが変(hen?)な話だと思いました。

この話はカンタベリー物語の最後に近い場所にあるのですが、なぜかDVDでは冒頭に来ています。ショーン・ビーンで女性の視聴者を惹きつけようとした製作側の意図かも?

登場人物?登場鶏?などのそれぞれに声優がついていますので、ショさまはそれほどお話になっておりませんです。サブちゃんというあだ名にふさわしい?かも。(注・サブリミナルの意)
[PR]
by hilde_von_bingen | 2005-06-02 21:43 | Sean Bean
<< 花粉症 The Canterbury ... >>