ショーン・ビーンとおじさん病棟、おじさん以外も
by hilde_von_bingen
カテゴリ
全体
非公開の方へのお願い
Sean Bean
Movie&Drama
CD&Music
Myself
未分類
お気に入りブログ
Words of VM
犬のあくび ~Love ...
Tomoazlog
ハープの徒然草
Kiring Field
ボヤージュ日記
リンク
以前の記事
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


クローンの話

c0021308_21495156.jpg7月にはSWとか宇宙戦争とか観たい映画が目白押しになりますね。中でも最も観たい映画は「アイランド」です。その魅力は理力の暗黒面よりも強いです。

すでに予告編が映画館で見られますし、たくさんのブログで記事になっておりますので、改めてひるでが紹介する必要もないでしょう。そこで、「クローン」に限って書いてみることにしました。

メリック社のHPで紹介されているように、クローン技術は目覚しく進歩しています。
銀河においては、ルーク・スカイウォーカーによってダークサイドの呪縛から放たれたダース・ヴェイダーが皇帝を倒して後、皇帝はクローンとして蘇りました(ディアゴスチーニ、SWファクト・ファイルより)。これと同じ事を商売として成り立たせているのがメリック社です。

誰でも知っているように、クローンは一卵性双生児と同じように、人格はまったく別の独立した存在です。では「皇帝はどのようにして蘇ったのか」といえば、霊体となっても強いフォースを持っているので、クローンの精神を消滅させて体を乗っ取るぐらいは朝飯前なのです。問題点は、こういう力技はシスにしかできない、という点にあります。メリック社はどういう技術を使っているのでしょうか。昔のSFにあったように脳移植でしょうか?いずれにしても映画の楽しみの一つです。

さて、メリック氏(ショーン・ビーン)はたぶん会社のオーナーでしょうから、自身のクローンもたくさん用意していることでしょう。しかし、人格は別となると、いろんな性格が現れるでしょうね。ラブレイスくんにスペンスくん、006アレック、コスター、ロックちゃま、ハウさん、う~ん、いずれにしてもメリック社を運営できるんでしょうか。トレーラーのメリック氏は、かなりやり手な感じです。メリック氏の体になにかあったときには、メリック氏の脳でクローンの体を使うことになるんでしょうね。この映画の中ではこういう話は無いんでしょうけど。(^^;

トレーラー以外、映画のネタバレをほとんど目にしていないのが、私の喜びです。メリック氏が、どんな悪役であるのか、とても楽しみです。ショ様としては今までに無い悪役、とても強大な悪であってほしいと思っています。できれば最後には銀河を征服してほしい・・・っと、それはないですね。(^^;

な~んていう記事をのんびり書いていたら、まめおさんのところに最新情報が!
なんて冷酷なメリック氏、す、素敵!
[PR]
by hilde_von_bingen | 2005-05-20 22:37 | Sean Bean
<< おシゴトはオーリ君とともに♪ サラディンの日 >>