ショーン・ビーンとおじさん病棟、おじさん以外も
by hilde_von_bingen
カテゴリ
全体
非公開の方へのお願い
Sean Bean
Movie&Drama
CD&Music
Myself
未分類
お気に入りブログ
Words of VM
犬のあくび ~Love ...
Tomoazlog
ハープの徒然草
Kiring Field
ボヤージュ日記
リンク
以前の記事
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


キングダム・オブ・ヘブン

観ましたよ~。ついに。
公開から初めてのレディズデイとあっては、行かないわけにはいきません。オーリ君もかわいいですけど、おじさんたちもご活躍とあっては、残業なんかするものか!でございました。

さて、映画の感想でございます。
なぜかキャスティングに名前が挙がっている妻の死体が出てきて「やっぱりオーリが悪いのか」と思い、クワイ・ガン・ジンが出てきて「やっぱりオーリが悪いのか」と思い、ほんのちょっと剣術の稽古があって「やっぱり弓にしなさいよ」と思い、シビラ王女が出てきて「やっぱりオーリが悪いのか」と思いましたです。

ケレボルンが出ていたんですけれど、見ている間はこのひとがそうだとはちっとも思い出しませんでした。だって、まったく違う人物なんですもの。っていうか、坊主頭の家来その1と、ティベリウスさんばっかり注目していたんで、よく顔を見なかったのかも。
あ、サラディン陛下、名優でしたね。戦いのシーン、応援しちゃいました。
最後の戦いではサラディンの軍にライトセーバーがあった(みたいに見えた)のでびっくりしましたです。いや~、オーリ君の指揮でエルサレムの皆さん、よく頑張りましたね。

音楽は素晴らしいの一言でした!前にも書きましたとおり、あの時代の音楽をよく研究した上で現代的な映画音楽に仕上げていたと思います。中世トルバドゥールの音楽とか、カルミナ・ブラーナ、少し後になりますがデュファイの音楽とか、古楽独特の節回しが心地よかったです。心配したコラールも、本編では話の急展開するところで短く効果的に、かつ確信犯的に使われていました。コラール、すなわちマルティン・ルッターの作った後代のプロテスタント音楽によって、当時のキリスト教徒イスラム教徒から別の次元に目を向けさせられたような気がしました。帰宅してすぐに、サウンドトラックのCDをぽちっとしてしまいましたです。(^_^)

エンドロールで大感激!歌い手としてキャサリン・ボットの名前がありました。ビブラートの少ないとても聞きやすい歌手です。CDは、独唱のもいくつも出ていますが、私がお勧めしたいのは古楽アンサンブルに参加しているものです。

カルミナ・ブラーナ
ピケット(フィリップ) ニュー・ロンドン・コンソート / ユニバーサルクラシック
ISBN : B000197JAE
スコア選択: ※※※※※
[PR]
by hilde_von_bingen | 2005-05-18 00:34 | Movie&Drama
<< サラディンの日 十字軍の音楽 >>