ショーン・ビーンとおじさん病棟、おじさん以外も
by hilde_von_bingen
カテゴリ
全体
非公開の方へのお願い
Sean Bean
Movie&Drama
CD&Music
Myself
未分類
お気に入りブログ
Words of VM
犬のあくび ~Love ...
Tomoazlog
ハープの徒然草
Kiring Field
ボヤージュ日記
リンク
以前の記事
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


キャット・ウーマン

キャットウーマン 特別版
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
スコア選択:


みごとラジー賞(ワースト映画)作品部門に輝いた「キャット・ウーマン」ですが、先日DVDを購入してしまいました。この記事は、ネタバレを含みます。(^^;
投稿後、一部加筆修正しました。

公開中はほとんど興味が無くて、ラジー賞にノミネートされたときも「そういえばそういう映画があったっけ」ぐらいだったんですけど、ブッシュさんラムズフェルドさんなどと一緒に受賞が決まってから興味を持ちました。極めつけはハル・ベリーが授賞式に出たことでした。いきなり好感度アップだったと思います。きっと、くだらなくて楽しめる作品なんだろうと、DVDに期待が持てました。絶大な宣伝効果でした。(笑)

DVDを見ている間は、飽きることなく一気でした。劇場で観ても楽しめただろうと思います。
以下ネタバレします。

化粧品会社の社長夫妻、見るからに悪役でした。じつに分かりやすいキャラでした。とくに奥さんがいいです。主人公になってもいいほど強い。あのクリーム、中毒性はともかくとして、すごい発明品ですよ。傷にならない、たたかれても痛みも感じない。化粧品とかじゃなくて、もっと違う使い方があったかも。演じたのはシャロン・ストーン。「キング・ソロモンの秘宝」のころは、こんなに悪役が似合うようになるとは思いませんでした。(^^;

ハル・ベリーが排水と一緒に流されるシーン、汚いけどさほど気になりませんでした。でも、汚い。(何がいいたいの、私。)で、猫によって生き返ったわけですが、一度死んで生き返ったってことは、Dead-aliveってことになりません?いわゆる、ヴァンパイヤとかゾンビの仲間。
やっぱり人間との恋の成就には向かないかも??

特典の中に、歴代のキャット・ウーマンについてあったんですが、スタイルでも顔でもハル・ベリーがいいように思いました。しかし、何も歳を取った元キャット・ウーマン(もともとそんなに美人ではない)が出てくることはなかったのに、と思いました。

本編は、それなりにつっこみどころはあるものの、楽しめてよかったです。
[PR]
by hilde_von_bingen | 2005-05-09 22:48 | Movie&Drama
<< デ・ニーロ Shall We ダンス? >>